南京夜生活网

、それはメイドとしてのバラにとって非常に明白でした。それで彼女は、オフィー氏が「彼」を参照として使用することを気にしませんでした。

「ああ、医者はニュースを見に戻ってきて、劇場で別の記念会議を聞いた。彼は行って見てみたいと思ったので、夕食後に出かけた。」

「まあ、大丈夫だ」とオフィー氏は落ち着いて言った。 「ご迷惑をおかけします。ルイと一緒にいてください。今夜遅くに戻ってくるかもしれませんし、戻ってこないかもしれません。」

「大丈夫です。残業できます。」バラはすぐに同意し、再びため息をつきました。「オフィーさん、私は本当に別の妻を見つける必要があるかもしれませんが、この家族にはまだ愛人がいません。」

「バラ」

「聞いて、どうしたの?」

「困った」

オフェ氏話した後、彼は直接電話を切り、クランプを外した。袖、ボタンのボタン、ネクタイを戻し、ハンガーからスーツジャケットを取り出して着用しました。

不在の時、突然テーブルの上のフォトフレーム南京桑拿按摩を覆ったオフィさんと亡き妻の写真でした。

左手の指が右手のひじを数回たたくと、従兄弟が突然眉をひそめ、その時を見た。

まだ10分も経っていませんが、気まぐれで何かが起こっているような気がしました。この時、隣の女性用トイレに女性が足を踏み入れようとしていた。

「従兄弟」は一言も言わずに女性の肩に乗せて冷たく言った。「中は修理されているので、別の場所に行くことができます。」

女性は「あなたは誰ですか。ここに修理人はいません。 。ブランド、なぜ私は入ることができないのですか?」

「2番目のいとこ」は目を細めました。「私は、あなたが入南京桑拿夜网ることができないなら、あなたは入ることができないと言いました。」

激しい視線と指は強くつまみました女性の肩はすべて相手は怯え、何度も何度も後ろを振り返り、振り返った後、あえて振り返ることなく、恐怖の中でその場所から逃げました。

「従兄弟」が周りを見回して、女性用トイレに直接入ったところ、たまたま洗面台の前で化粧をしている女性がいて、悪意のある男が入ってくるのを見て叫んだ。

「従兄弟」は服を持ち上げてベルトに固定されたピストルを

見せ、「黙ってから出て行け!」と叫んだ。女性は「従兄弟」からずっと壁に直接くっつくのが怖かった。 S側が通り過ぎて、速南京桑拿网く走った。「従兄弟」はすぐに障害者用トイレに移動し、「出て、時間切れです!すぐに行かせてください!」と激しく叩き