南京夜网论坛交流

手のひらは柔らかく冷たく、怖くはなかったが、かすかな親近感があった。

このおなじみの気持ちがまた

「いい」と

彼はそっと言った。

「それならあなたの選択を嘆きなさい。」

彼女は彼女の薄い唇をわずかに舐め、笑った:「教授の手に落ちた。それは死よりも恐ろしい。」

あなたがた青玄は目を閉じて彼女に彼女がしたことをさせた。

冷たい指が首を歩いているのを感じ、冷たい感触をもたらし、鋭い歯が皮膚を貫通して血管を突き刺した。

人生は引き出されました。

彼は血が吸い取られ続けていると感じ、強い空虚感が彼の心から現れましたが、イェチンスアンはパニックを感じませんでした。

彼は再び「ポレロ」のメロディーを演奏した。水蒸気が抽出されて思考糸に凝縮され、思考糸が彼女の体に巻き付けられ、彼女の体に接続された。

初めて。彼は教授の体の南京桑拿夜网エーテルを読んだ。

一瞬にして、彼の生徒たちは突然広がりました。

「これはあなたの心の音ですか?」

突然潮の音が聞こえるような、無数の海の波が重なり合う壮大な交響曲でした。

急上昇する声が私の耳を満たし、全世界を沈黙させました。

これが彼女の声です!

その声がイェチンスアンの思考に沿って体に押し寄せ、彼の目を暗くし、彼の前に無限の波の幻想が押し寄せた。

彼はほとんど圧倒された。

「明確な心。」

彼女は後ろからイェチンスアンを抱きしめた。声が柔らかく繊細になり、耳元で「九天

リングウェアを目覚めさせてください、協力します」とささやきました。潮の音が変わり、心の音がイェチンスアンの揺らぎに近づいていました。

イェ?チンスアンは、彼が南京桑拿楼凤网水、果てしない海に落ち、海の最深部に落ち、落ち、そして落ちたと感じただけでした。

心臓の音が彼の体に響き渡り、潮の音が指先に流れ続け、そのひもを作りました灼熱の光が放たれ、際限なく揺れました!

結局、明確な爆発がありました—カーテンを変える新しいYanyu、海の古いドラゴン!

「久しぶりです、ジュシャオのリングウェア。」

イェ?チンスアンが目を開けると、急上昇する海の潮の幻影が生徒たちに現れました。

彼は頭を下げて、ひもが全身に交差しているのを見ました。それらの銀白色のひもは空中で交差していましたが、頭と尾が何もないところから伸びているように見えませんでした。

久しぶりに、ナインヘブンリングペイは再び完全に展開されました。

教授の心の響きは本来の強さとは大きく異なり、常にほこりの宝南京夜网