西安夜生活第一论坛网

Xiruoは首を横に振って、起き上がって、テレビの電源を切り、Luo Pianjuを見て、「女の子、あなたは行って、いく南京楼凤论坛つかの服を

詰めて、明日私と一緒に出てきます。」「どこ?」LuoPianjuは不思議なことに尋ねました。 。

ロング?シルオはさりげなく言った:「あなたが出たものが効果的であるかどうか医者に行ってください、そしてあなたは何百年もの間その男を治療することに同意しました。」

「え?」羅ピアンは彼の目を瞬きました。何が出たの?」

長いXiruoは密かに呪いました:!

「今すぐ行って

荷物をまとめてください!!」リアルドラゴンが吠えました。

リトルバタフライは涙を浮かべて頭を抱え、驚異的に飛び出した。

第100章薄暗い生命の光

夜遅く、夜明けの少し前に、OstrumPharmaceuticalという名前の民間薬で。

「唐天林」は家具付きのオフィスに座っていたが、「唐天林」として登場し、便利な場所がたくさんあった。

しかし、最終的な分析では、ハウスは長い間、本物の唐天林の分散型ハウスの棺桶に足の半分を持った老人であったためです。彼は彼の名前で資産を処理するために多くのエネルギーを持っていないはず南京夜网です。

家には子孫がいませんし、彼の周りに信頼できる人もいません。しかし、唐天林はハウス氏のコピーであると言えるので、彼は唐天林を再利用することができます。

唐天林に対する彼の感情は当然他の部外者とは異なり、遅かれ早かれ彼のバックアップ器官となる個人を扱う理由はありません。

唐天林は、グループ資金のスケジューリングにおいてもハウスと同じ力を持っており、ハウス自身が話さないという前提の下で、唐天林はハウス氏を完全に代表し、グループ全体のすべてのリソースを使用できると言えます。もちろん、これにはハウスの個人資産は含まれていません。

本物の唐天林がこれを知らなかったのは残念ですが、彼はまだオスター製薬ビ南京桑拿论坛ジネス帝国の上級管理職になるという夢に没頭しており、権力を握っていました。

ハウスは静かに観察しており、ハウスが唐天林を直接制御する能力を持っているという理由だけで、唐天林を何もせずに成長させています。

特定のコードで唐天林の本当の記憶を呼び覚ますことができたように、ハウス氏もこのコードセットを習得しましたが、今日まで、ハウス氏はこのコードセットを使用する機会がありません。

そして、彼は当然、ハウスにこの機会を与えませんでした。

数時間前、彼はオストム製薬工場の本物