南京梧桐论坛

台所用品を家に移していたので、職人技は後退しませんでした。

二人はただ食べて話し、すべての邪魔なトピックを暗黙のうちに避け、面白くて幸せな経験について話しているだけでした。

私が寝ようとしてい南京桑拿夜网たのは夜遅くまででした。イワンは外に出てドビーに電話し、安全な家の場所を知る3番目の生き物にしました。

こんなに広い場所では、家のエルフが世話をしなければうまくいきません

「サー…起きて、サー!」

翌日、早朝、イワンは小さな叫び声で目覚めました。

イワンは目を開けると、周りには暗闇があり、大きな丸い目が2つだけベッドの端に寄りかかっていて、ショックを受けました。

イワンはすぐに指をパチンと鳴らし、部屋の魔法の光が突然点灯した。その時だけ、ドビーが自分のベッ南京楼凤论坛ドのそばに立っていたことに気づいた。

「今は朝ですか?」とイワンは尋ねた。地下に住むことの不便さは、天気がおおよその時間を確認するために使用できないことです。

「10時だ、ホステスが私にあなたに電話するように頼んだ…」ドビーは鋭く言った。

イワンはすぐにベッドから姿を現し、洗い流した後、アイシアがすでに待っていたリビングルームに到着した。

「どうして今日はこんなに遅く起きなかったんだ、昨夜寝たの?」アイシアは心配そうに尋ねた。

「いいえ、私はよく眠りました…だから休憩してください。」イワンはテーブルのサンドイッチをつかんで口に詰め、それからアイシアを見て、漠然とした口調で言いました南京桑拿按摩。「ダウトと他の人たち?」

「ウォーカーに通知するように頼んだ。これはもうすぐ来るかもしれない。」アイシアは壁の時計を見て、時間はもうすぐ終わるはずだと推定した。

「あなたは自分でそれらを選ぶつもりですか?」アイシアは尋ねました。

イワンは首を横に振ったので、彼のスタイルが損なわれました。

食べ物を口に飲み込んだ後、イワンはドビーに羊皮紙を手に入れるように頼み、地下の要塞の特定の場所を書き留めて、それをアイシアに手渡した。

「これを見せれば、彼らは入ることができるでしょう!しかし、それを読んだ後、メモを燃やすの南京桑拿楼凤网を忘れないでください…」イワンは勧めました。

秘密主義者として、安南京桑拿会所网全な家に人を入れたいと思う方法はたくさんありますが、直接言う、ペンで紙に書く、人を直接連れてくることはリークと見なされます。

アイシアは厳粛にメモを片付け、そして起き上がって去った。

イワンは一人で朝食を食べ