南京轰趴别墅

はがっかりすることもあるので

、色々なバンドが登場した後、同じ沖縄風のバンドがステージに立っており、観客はまだ楽しみに南京桑拿会所网していて、無意識のうちに比較してみると、

BEGINよりはましです。沖縄風のバンドの方が優れているのでしょうか?

この時、

あえてこのアイデアの罠を避けているかのように演奏を始めました。かりゆしが演奏を始めると、この沖縄の暗殺者チームは

、BEGINとは違った味と見た目を見せました。ハンサムではないけれどさわやかな4人の若者は、BEGINとはトン数が違うだけでなく、BEGINとも違う。BEGINKariyushiと比べると、BEGINKariyushiの沖縄の味わいが強いはずだ

。リードシンガーの声とインストルメンタルミュージックのアレンジが観客を沖縄に引き込む。世界は南京桑拿楼凤网

それを言うのは奇妙かもしれないが、沖縄は日本のために遠い場所です。沖縄の話をすると、それの大部分は、想像力に基づいており、

そしてかりゆしの音楽は、観客の想像力を満たすことができ

、パフォーマンスとして。終了後、食品評論家はバンドカリユシに良い評価を与えたが、カリユシがこのステージに立って暗殺者を務めることができたことは否定できない。BEGINは

それに貢献した。そうでなければ、BEGINはバンド天国に来てこの良い結果を得た。天国!この合図はかりゆしには届きません。

前のゴージャスなロックバンドが演奏に失敗したとしても、このステージには

ショーグループのように収容できる能力があることを東京のゴージャスなロックバンドに伝える合図を送りました。カリユシの邪悪な味わいに続いて、BEGINのパフォーマンスが続きます。4試合連続の王様がステージに立つと、運命を決める時が来たと観客に伝えたようです。

この瞬間、テレビの前でずっと見守っていた観客は計算に集中していました。時間の経過とともに聴衆もチャンネルを切り替え、結果が発表されるのを待っていました

BEGIN南京夜网 は自らの決意の戦いとして、初勝利を収めた「リアン

しくて」(深い懐かしさ)をもう一度歌うことを選び、比嘉栄生が弦を抜いて愛しくての文を優しく歌った。ちょうどその時、かりゆしは国民の沖縄の想像力を構築しました。それは壊れ、聴衆はBEGINの音楽を歓迎するために心を開きました。

現時点では、勝利または敗北は国民の心の中で決定された可能性があります。もちろん、食品評論家の心の中で

、聴衆の想像力を満たす音楽が決定されました。これは、国民の心の中で歌われる