南京珠江一号极品女

この教会の周りにはたくさんの建物が点在していて、普通の二階建ての家、シンプルな木造の家、看板がぶら下がっているパン屋、水車で動く灰色と白の製粉所があります。通行人が通りや小道を歩きます。これは、A。詳細を知るのは難しい

、彼らが行ったのはどこ?クラインは彼の夢の中で目が覚めた。蜃気楼?夜間の危険の源は?すべての行方不明の人が彼らの心を失っている、との質問

彼が蓄積していたが前に無意識のうちに彼の心を光った。その後、彼は思いを無理矢理収束させ、霊界の特別なエリアからシーゴッドのセプターを取り出した!

前の夢の状態を去ったとき、黒人聖人と

激しく戦ったことを思い出した!少し薄暗い金色の光がクラインの目に輝き、すべてが突然明らかに

なった。彼の目はそれはもはや黒い全身鎧を着た背の高い騎士でも、短いリネンのローブを着たレオマスターでもありませんが、夕日に面したフランスの窓の列です。

窓はとてもきれいで、外の日光の下で、何とも言えない純粋さを物語っています。

窓の隣には長い丸太のテーブルと茶色の椅子があり、少し離れたところにはさまざまな本でいっぱいの本棚が並んでいます。

図書館?大きな本の図書館?この夢の世界に入るたびに、一定の範囲内のさまざまな場所にランダムに行きますか?クラインはしばらく注意深く観察し、ここで一時的に安全であることを南京夜生活spa论坛確認しました。いわゆる黒い聖人はなく、奇妙なことは何もありません。奇妙で奇妙な邪悪な生き物。

海の神のセプターを持って、彼は最初に床から天井までの窓に来て、外の環境を見ました。

最初に彼の目を引いたのは、反対側の山頂、巨大な宮殿、雄大な尖塔を覆う壮大な複合施設でした。そびえ立つ城壁はすべて夕暮れ時に凍りついていて

、見た目

もとても素晴らしかったです。初めて見たのではなくても、クラインは息を止めて数秒間静かに奇跡の景色を眺めていました。すぐに目を動かして見ました。崖の方に黒い修道院の高い壁が見え南京桑拿网、岩の横に枯れた木々が見えましたが、障害物のため、星の先のカトレアがまだ残っているかどうかを確認することができませんでした。

案の定、一定の範囲内で、私はこのエリアを離れず、黒い修道院の奥深くに行きましたか?クラインは思慮深く視線をそらし、本棚に一歩ずつ歩いていきました。

彼は以前の夢の黒さについて考える時間がありませんでした。聖人とレオマスターはどうなっているのか、まずは現状を確認する必