南京夜网梧桐客栈官网

大胆。今回は

江苏桑拿论坛「よし、西野先輩ありがとう」少しびっくりしました。

振り返って考えて

みると、だんだん心が澄んでいきました

。370章は「ゆう天江、本当にいい」と気づきました。どちらも第3期生まれです。最後に戻ってきたのは、最後に戻ってきた

悠天悠西に、独特の笑顔で山下水樹が言った。結局、天悠西と彼女のことをよく知らなかったので、数日しか仲良くしなかった。

「つまり?」悠西天の前は、まだ西野セブンのことを考えていた。先輩は、一樹おじさんがお世話になっているのではないかと思い、立ち止まるように呼びかけました。今夜来ると、最後の推測がより明確になります。

「強力な先輩がたくさんいることを知南京桑拿夜网っているので、将来的に良い関係を築くのはあなた次第です。」山下水樹は半分冗談めかして言った。

山下水樹は野木坂に入ったアマチュアではなかった。第三段階では、彼女はすでにエンターテインメント業界に参入しており、経済会社はレスロの支部であり、グリーングループの選択にも参加しましたが、最終的には失敗しました。

「Yu Tianjiangはどのように先輩に会ったのですか?」山下水樹が本当に聞きたいのは、実はこの文章です。入社した彼女は、オフィスで先輩を見つけて自分で連れて行けば、スムーズに進むことを知っています。

彼女はまた、ノギザカ46グループでいくつかの結果

を達成したいと考えて、慎重な考えを持っています南京夜网论坛。YuTianYuxiはあまり考えず、単純な心で、ねじれや曲がり角はありませんでした。彼女は直接答えました。「私は先輩を知っているからです。 「ええ。」

もちろん、西野一樹と天玉西については何も言わなかった。彼女はまだ少しこの点を守っていた。

「ええ、すごい。」山下水樹は感心してうなずき、それ以上は聞かなかった。天悠西と定義した。しばらく

おしゃべりをした後、山下美月が去り、梅沢美和が現れた。

「ゆう天ちゃん、天ちゃん」。梅沢美和が目の前に立って手をこすった。 「白石

さんをご存知でしたら、次回お話させていただけませんか」「大丈夫です」ゆう天はみんな同じグループだと思っているので心配いりません。

実は白石舞現状では、

「ありがとうございます」梅沢マイアミがしゃがんで抱きしめた

「野木坂要塞」のレコーディングサイトを除いて、今後の3年生との交流はほとんどありません。スタジオの一角で、先輩たちのレコーディングバラエティショー

を見たり

、野木坂のオフィシャルブ